直そう赤ニキビ!赤ニキビの基礎知識を知ることが大切

赤ニキビは、触ると痛かったり触らなくても痛かったり痒かったりします。

そして、顔に出来てしまうと、とても目立ってしまって化粧で隠そうとしてもなかなか隠せず辛いですよね。

そもそも、赤ニキビは他の白ニキビとは原因が異なります。

白ニキビは、毛穴づまりによりおこりますが、赤ニキビの場合は毛穴にアクネ菌という菌が原因です。
つまり、アクネ菌が毛穴で繁殖、増殖しているということです。

ほとんどの場合、毛穴づまりの白ニキビなどからアクネ菌が付着し繁殖、増殖している赤ニキビになることが多いのです。

赤ニキビの対策

この赤ニキビの対策は、まず、お肌の状態を整えることです。

先程も申し上げたように、赤ニキビのほとんどは白ニキビからアクネ菌が付着して増殖することで赤ニキビになるので、そもそも白ニキビを作らないように毛穴まで洗顔の際に清潔に保つことが大切です。

また、ニキビは生活習慣の乱れや食習慣の乱れも影響します。そのため、規則正しい生活や1日3食偏りのない食事を摂取することも大切です。

そして、出来れば化粧などのお肌のストレスとなることはなるだけしない方が良いです。

もし、対策をしてもそれでも赤ニキビができてしまった場合は、なかなか自分でアクネ菌の繁殖をすぐに止めることは難しいです。

そのため、治りも遅くなります。赤ニキビが出来てしまった場合は、皮膚科などを受診しアクネ菌の繁殖してを止める塗り薬などを処方してもらうことが赤ニキビを1番早く治す方法です。

最後に、赤ニキビを発生させない対策として、まずは白ニキビなどを発症させないことが一番の対策であります。

赤ニキビは、発症した本人は痛かったり痒かったり、赤く目立ってしまうことから人の目も気になり辛いと思います。

洗顔をきちんとすること、生活習慣を改善することなど意識すればすぐに出来ることが辛い赤ニキビの対策となります。

赤ニキビで悩める皆さん、ぜひ今スグにでもできる対策を試してみてください。

大人ニキビのケア法!乾燥肌で大人ニキビができる理由とは?

大人になってからニキビに悩まされる人はたくさんいます。

思春期に脂がたくさん分泌されてニキビができるのはわかるけど、どうして脂っぽくないのに、ニキビができてしまうのだろうと思ったことはありませんか。

実は乾燥肌だと大人ニキビができやすくなってしまいます。
どうしてでしょうか?

大人ニキビの原因

大人ニキビの原因はさまざまです。

  • 偏った食事
  • 睡眠不足
  • 不規則な生活
  • 飲酒
  • たばこ
  • ストレス
  • ホルモンバランスの関係
  • 誤ったスキンケア
  • 肌に合わないメイク

などいろんな原因があり、1つではなく複数の原因が組み合わさって肌にでてしまうこともあります。

ただ、結果的に肌のターンオーバーが乱れて、大人ニキビをつくってしまうのです。

新しい細胞と古い細胞が、約28日周期できちんと入れ替わらずに、新陳代謝のサイクルが乱れます。

このサイクルは人それぞれですが、乱れてしまうと角質が溜まり、角質層が厚くなり、毛穴が詰まって大人ニキビができてしまいます。

ニキビは皮脂で毛穴が詰まることでできます。でも全く皮脂がないのもよくありません。

適度な皮脂がないと肌を外の刺激から守ったり、水分を肌にとどめておくバリア(皮脂膜)が作られないからです。

バリアがなく水分が蒸発してしまい、肌に水分が足りない状態だと、角質が古く硬くなり、少しの皮脂でも詰まってしまう毛穴になります。
つまりターンオーバーが乱れた肌と同じ状態になってしまうのです。

大人ニキビをケアする方法

大人ニキビをつくらないようにするには、しっかりと保湿をしましょう。

すでに角質が古く、硬くなっているように感じたら、角質を柔らかくするような化粧品を利用しましょう。
ピーリングをして古い角質をとるのもいいですが、乾燥肌は肌の機能が正常に働いていないことが多く、敏感になっていて少しのことでもかぶれてしまうかもしれません。

まずは泡でやさしく洗顔をし、保湿を丁寧にすることが大切です。

保湿がしっかりできるパックもおすすめです。パックをした後は手でやさしく肌を暖めてあげると水分が浸透します。

そして乳液、クリームなどで水分が逃げないようふたをしましょう。

できてしまったニキビには乳液、クリームは控え、ニキビ専用の薬や化粧品を使うのがいいです。
また角質を柔らかくする化粧品やピーリング化粧品は肌にやさしいものを選びましょう。

男性もニキビケアが大切

男性はあまりニキビを気にしない方が多いかもしれませんが、ケアを疎かにすると大人ニキビができてしまいます。

とはいえ、どのような洗顔や化粧水を選べばいいのかわからない方も多いはず。

もし、ニキビ化粧品を選ぶのに困っているなら、こちらのサイトが参考になります。興味があるなら、チェックしてみてください。

http://otoko-nikibi.net/

ニキビを治す秘策は洗顔料にあった?

毎日鏡を見るたびに気になるニキビ、本当に嫌ですよね。

自分なりに対策はしているつもりだけどなかなか治らない。しかし洗顔料を見直すだけでニキビとおさらばも夢じゃありません。

今回は洗顔料を選ぶときに気を付けることや洗顔のコツをお伝えします。

ニキビ洗顔料の選び方

刺激が弱く必要最低限の皮脂を取ってくれるものがおすすめ

ニキビ肌になると洗浄力の強い洗顔料で洗ってしまいがちですが、ニキビ肌だからこそ「刺激の弱い洗顔料」で洗うことをおすすめします。
皮脂を取りすぎないことで、肌が本来持っている水分と油分をバランスよく生み出す力を取り戻すことができるんです。

殺菌力が強いもの、ピーリング系の洗顔には注意

ニキビ肌というのは刺激にとても敏感になっています。
そこに殺菌力のあるサリチル酸や硫黄などの成分が含まれている洗顔を使うと、肌にとても負担がかかってしまうのです。

また、ピーリングは角質を溶かして肌のターンオーバーを促すためのものです。
しかし抵抗力の弱まったニキビ肌の場合は、角質を薄くしてしまうと、菌が侵入しやすくなりニキビができやすい状態になってしまうのです。

グリチルリチン酸ジカリウム配合がマスト

グリチルリチン酸ジカリウムは抗炎症作用があり炎症を起こしたニキビにも効果を期待できます。
肌を清潔に保つ役割も持っているのでニキビ肌には欠かせない成分といえるでしょう。

優しく丁寧に洗うこと

皆さん、両手でゴシゴシ擦るようにして洗っていませんか?

ニキビ肌はデリケートです。中指と薬指二本で優しくなでるようにクルクルと洗っていくのがコツです。
すすぎはしっかりと行い、肌に洗顔料が残らないように気を付けましょう。洗顔料が残っているとそれがエサとなりニキビの原因となってしまうことがあります。

ニキビ肌に悩まされていたあなたも、洗顔料や洗顔方法を変えるだけでニキビを無くすことができるかもしれません。
これで自信を持って歩くことができるようになりますよ。ぜひ試してみてくださいね。