思春期ニキビには皮脂の調節が大切!大人ニキビには生活習慣が大事!

思春期ニキビと大人ニキビでは、ニキビのできる場所も原因も違ってきます。
その違いとは何でしょうか?

思春期ニキビとは?

まず思春期ニキビは10代の思春期にできるもので、原因として考えられるのは成長期において皮脂分泌が過剰になることです。

思春期には体を作るための成長ホルモンが分泌されますが、同時に皮脂腺が刺激され皮脂も過剰に分泌されてしまいます。

それにより、毛穴がつまりやすくなってニキビの原因となるアクネ菌が繁殖しやすくなり、ニキビができやすくなります。

ニキビができる場所も皮脂が多く分泌される、鼻まわりや額付近のTゾーンと呼ばれるところから頬までの広範囲になることが多いです。

大人ニキビとは?

一方大人ニキビは思春期を過ぎた時期にできるニキビで、原因はひとつに絞り切れません。

  • 食生活のバランスの崩れ
  • 睡眠不足
  • ストレス
  • 飲酒や喫煙
  • 化粧品

などの可能性もあります。

人によって症状も、原因も違います。肌にはターンオーバーと呼ばれる皮膚の細胞の生まれ変わりのサイクルがありますが、不規則な生活習慣やストレスによりサイクルが乱れてしまうことも原因のひとつと考えられています。

大人ニキビのできる場所は、あごの付近やフェイスラインに沿うUゾーンと呼ばれる部分が多いです。首筋にかけてできる傾向もあります。

ニキビを改善するためには

それぞれのニキビに対する改善方法も違ってきます。

思春期ニキビは皮脂が主な原因ですから、皮脂の量と肌の水分量のバランスと整えることが大切です。

過剰な皮脂による菌の繁殖を防ぐために洗顔を丁寧におこない、適度な水分を化粧水などで補うようにします。

大人ニキビに関しては生活習慣が深くかかわってきますから、規則正しい生活を心がけるようにし、バランスの取れた健康的な食生活やストレスのない生活に見直していくことようにします。

それぞれの原因に合った対処をしていくことが、ニキビ対策には重要です。