口の周りにニキビが集まる?発症の仕組みと予防の心得

ニキビは、毛穴に皮脂などの汚れが入り込んで炎症が生じた状態です。

年齢や性別に関係なく誰でも発症する可能性がある他、皮膚上に汚れが付着していると発症のリスクが増大する傾向があります。

特に口周りは飲食物や唾液などの汚れが付着しやすいので、他の部位と比べてニキビが発症する確率が高く、一度ニキビが出来ると繰り返し発症するのが特徴です。

また、男性は髭剃りを行うことで微小な傷が生じていることから汚れが皮膚の内部に入り込みやすく、ニキビの発症リスク増大に繋がってしまいます。

口周りのニキビを防ぐ方法

口周りのニキビ発症を防ぐためには常に清潔な状態を保つ他、皮膚に傷が生じないように健康管理を徹底することが大切です。

ニキビが発症した際は自分で取らず、専門の医療機関で治療を受けるのが最も適切な対処法です。

自分でニキビを取ってしまうと深い傷が出来てしまい、何度も再発してしまいます。

また、傷口に汚れが入り込んで重大な疾患に見舞われる危険もあるので、必ず専門医の下で治療を受けることが大切です。

ニキビは皮膚上の汚れ以外にも疲労やストレスなどの体調不良で発症するケースもあります。

特定の疾患に対して用いる薬剤の副作用で発症することもあるので、医師の診察を受けて対処してもらうのが綺麗な肌を保つ心得です。

ニキビ予防のために

ニキビは毎日の暮らしの中で問題点を解消することによって発症リスクを軽減させることが可能です。

市販の薬で発症を抑える方法もありますが、薬剤の成分によっては肌荒れなどの不具合に見舞われてしまうので慎重に判断します。

汚れの付着を放置するのもニキビが出来る原因の一つなので、食事の際はこまめに口周りを拭き取って清潔な状態を維持するように心がけます。

子供や高齢者は気づかない内に汚れが拡がってしまうことがあるので、近親者が適度に状態を確認して対処するのが肌トラブルを未然に防ぐための工夫です。

万が一発症した際は決して自分で取らず、医師の治療を受けるのが美肌を維持する条件になります。